春日市・おの子どもクリニックillumination2008

福岡の照明デザイン事務所ライトニックのイルミネーション<おの子どもクリニック>
照明デザイン事務所ライトニックのイルミネーション<おの子どもクリニック>
福岡の照明デザイン事務所ライトニックのイルミネーション<おの子どもクリニック>
福岡の照明デザイン事務所ライトニックのイルミネーション<おの子どもクリニック>
福岡の照明デザイン事務所ライトニックのイルミネーション<おの子どもクリニック>

完成されたイルミネーションなので手を加えたくはない、との思いと
常に新しいものを提案したい、という思いが交錯し、毎年悩みのスパ
イラルに溺れそうになる<おの子どもクリニック>さんです。

今年は、南側の大きなトネリコにLEDカラーバーを使用しライトアップ
しました。色を使ったイルミネーションには躊躇しましたが、近年使いや
すくなったLED調光を、上品な電球色イルミネーションに加えることで
どのような印象になるのかという興味が勝り採用決定です。

玄関にはイルミネーションを施したシャンデリアを吊り、上品かつ華やか
な空間を作っています。メインツリーには、聖霊の表現でもある鳩をモチ
ーフにしたイルミネーションを施し、神聖にクリスマスを迎えます。

モチーフを壁面に多く並べるのは、まとまりが無く全体的な統一感を壊して
しまいます。特徴ある意匠は植栽やフレームの中におさめて配置すると、
他のモチーフや意匠と共存できます。

今年も無事に施工できたことに感謝。

無事が一番。。。

日田市・こじかこどもクリニックillumination2008

福岡の照明デザイン事務所ライトニックのイルミネーション<日田市こじかこどもクリニック>
福岡の照明デザイン事務所ライトニックのイルミネーション<日田市こじかこどもクリニック>
福岡の照明デザイン事務所ライトニックのイルミネーション<日田市こじかこどもクリニック>
福岡の照明デザイン事務所ライトニックのイルミネーション<日田市こじかこどもクリニック>
福岡の照明デザイン事務所ライトニックのイルミネーション<日田市こじかこどもクリニック>

今年初めてクリスマス・イルミネーションをさせて頂きました日田市の
こじかこどもクリニック>さんです。

以前よりお世話になっている<おの子どもクリニック>さんのご紹介で
子ども達が喜ぶ、夢いっぱいのイルミネーションがご希望です。

全体を温かみのある電球色イルミネーションでまとめ親しみやすい空間を
作っています。入り口壁面をカーテンライトで鮮やかに彩り、こじかの
モチーフがアクセントになっているのはオリジナル・リースです。
屋根の上にはトナカイが出迎え、植栽のイルミネーションで華やかな印象を
与えてます。屋根の縁にはつららライトに球体キセノンが輝き、建物を演出
します。サインボードにも同色のロープライトをアウトラインに施し建物と
一体感を持たせました。窓にはクリスマスをイメージしたシルエットを飾り
付け、楽しさを演出しています。

何年もいろいろな現場でイルミネーションを施工させて頂くようになり
器具の種類に応じた飾り付けの手法や、効果的な演出など、ノウハウとして
身についていると思っているのですが、予想以上に施工時間をオーバーし、
お施主様にご迷惑をお掛けしてしまうのは修行が足りないのか、準備が足り
ないのか、それとも仕事に取り組む一所懸命さがたりないのか、いずれにし
ても、まだまだやらなければいけない事がたくさんある事がはっきりしまし
た。

体調を崩した小さな患者さんの瞳に、暖かな色で宝石箱をひっくり返した
ようにキラキラ輝くイルミネーションが元気を与えて下さいますように・・

楽をしない一歩がわたしの宝ものです。

2007illumination06春日市・エステサロン

福岡の照明デザイン事務所ライトニックのエステサロン・イルミネーション福岡の照明デザイン事務所ライトニックのエステサロン・イルミネーション

春日原のエステサロンさんです。

外壁色の淡いピンクにあわせてシャンメリーピンクのロープライトで仕上げました。
庭のピンクツリーは特注です。フレームはいつもお世話になっている金属加工屋さんで
作成してもらいましたが、ロープライトはライトニックで張りました。
3.6Mの高さがあるので一苦労。二人掛りで2時間ほどかかりました。
でもこうして手間を掛けると愛着もひとしおで、設置してくるときは我が子を手放すようなせつない気分でした(F)

2007illumination05大牟田市・九州電力大牟田

福岡の照明デザイン事務所ライトニックの九州電力大牟田営業所イルミネーション
福岡の照明デザイン事務所ライトニックの九州電力大牟田営業所イルミネーション

九州電力 大牟田営業所さんです。

メインカラーの青をポイントに仕上げました。
壁面を流れるスノーフレークを追いかけるようにトナカイが走っています。
下のトナカイとコーン、実は植栽の上に乗っています!
ちゃんと杭を打って倒れないように施工してあるのでご安心を(^O^)v・・(F)

2007illumination03福岡市・レディースクリニック

福岡の照明デザイン事務所ライトニックの産婦人科医院・イルミネーション

産婦人科医院さんです。

メインツリーをゴージャスにとのご希望でした。
いろいろ思考錯誤しましたが、結局ホワイトLEDのツリーライトを増やすことになりました。
奥の植栽周りにトナカイを並べ、少し暖かみとクリスマスの楽しさをプラスしています。(F)

2007illumination02春日市・内科クリニック

内科クリニックさんと、お隣の調剤薬局さんです。

今年は壁面を駆け上っている3匹のトナカイが加わりました。
このトナカイは特別加工したもので、取付方法も悩みましたが
イメージ通りに仕上がりホッとしました。
塀のバラにもLEDツリーライトを増やし一層華やかになっています。

調剤薬局さんには1Mほどもある大きなスノーフレークを加えました。
ツララとスノーフレークのみのシンプルな仕上げですが
綺麗な三角屋根が北欧っぽく、イルミネーションが栄える建物です。

2007illumination01春日市・子どもクリニック


毎年イルミネーションをさせて頂いてる子どもクリニックです。

側面のロープライトのツリーに今年の新商品『ミニスノーフレーク』をちりばめ
ツリーライトでキラキラ感を出してみました。

4本の植栽はLEDのツリーライトに換え、輝きが”UP”しています。
シンボルだったエントランス屋根のトナカイも新しくなって復活です!

色をたくさん使わずに電球色の暖かい雰囲気を出せるように仕上ました。

2006illumination04春日市・子どもクリニック

寂しかった正面玄関がゴージャスになりました。屋根のドレープ状のロープライトも建物の
フォルムを優しく照らしだしています。外光があまり無くイルミネーションが栄えるロケーションも
手伝って明りの一つ一つがキラキラと輝いています。
やはり環境や建物に適した明りを考えるのは重要な事です。デザイナーとして何をやりたのか
では無く、何をやるべきなのか。。。

記憶に残るシーンを作りたいですね。

もう何年もお世話になっていて、今年が何回目なのかも忘れてしまいました(^o^)
下手なデコレーションに、いつも寛大で優しくアドバイスを頂くのですが、さらに気を引き締めて
お役に立ちたいという気持ちにさせられます。

2006illumination03小郡市・総合病院

福岡の照明デザイン事務所ライトニックの総合病院・イルミネーション
福岡の照明デザイン事務所ライトニックの総合病院・イルミネーション
福岡の照明デザイン事務所ライトニックの総合病院・イルミネーション
福岡の照明デザイン事務所ライトニックの総合病院・イルミネーション
福岡の照明デザイン事務所ライトニックの総合病院・イルミネーション
福岡の照明デザイン事務所ライトニックの総合病院・イルミネーション

今年の新規でのイルミネーションは遠慮していたのですが、ご縁あってお手伝いさせて頂くことに
なりました。大きな現場はデザインから始まって部材の確保、施工業者、一次側電源の問題や工程
スケジュールなどなど着工までに解決すべき多くの検討事項があります。
『これ下さい!』・・『ありがとうございます』・・というように簡単にはいきません。。。
イルミネーションは家庭でも使用されるため、簡単に取り付けできる電飾というイメージが
ありますが、屋外で高所それも人が集まる場所になると、それはそれはしっかりとした準備が
必要になります。準備段階で大変な思いをすればするほど、完成した時の感動は多く味わう事が
出来る訳ですが、私達が一番嬉しいのはそこに集う人たちの笑顔や喜びの声を聞いて嬉しそうな
顔をするクライアントの笑顔を拝見する時です(^^)

2006illumination02春日市・内科クリニック


以前は白熱のイルミネーションばかりだった現場に少しずつLEDを使用するようになりました。赤、青、
そして白など派手な色が主流のLEDライトですが、多くの色を使うのは余り好きになれず、かたくなに
単色で、それも暖色系にこだわってイルミネーションを提案しています。
こちらのイルミネーションも今年LEDを追加しました(^o^) どこに使われているのでしょうか・・・

LEDは寿命が長いといわれていますが、ことイルミネーションに限って言えば、極端には長寿命には
ならないようです。それはダイオード自体の問題ではなく、ハンダの状態や施工方法、設置状態や
天候による影響によるものです。経験的にランプの不点は、撤去時の乱雑な取扱から起こります。
撤去時も取付時と同様に優しくいたわりながら、設置しても環境の影響を受けにくいような安定した
固定方法が不可欠です。

2006illumination01福岡市・レディースクリニック



ホワイトイルミネーションがやっと馴染めるデザインが出来ました。
点滅も派手ではなく、深々と降る雪をイメージした光がシックな外観とよく調和しています。
昨年は強い風にあおられて大変だったので今年は強風対応デザインです。この現場で
施工方法の検討の大切さを教えて頂き、他でも非常に参考になった現場です。
やはり段取りや準備で仕事の質が決まることがよ〜く分かります。